『山の上の家』

7月31日取次搬入で、『山の上の家』
という本を刊行いたします。
庄野潤三(1921〜2009)のはじめての
「作家案内」というべき1冊です。

庄野潤三は、戦後「第三の新人」の一人として
登場しますが、自分のまわりにある身近なテーマに
焦点を絞って、早くから自身の文学を確立しました。

初期の「プールサイド小景」、「静物」などの
味わいは格別ですが、傑作「夕べの雲」以降の、
長い創作活動を最後まで見ることで、はじめて、
庄野潤三という作家の大きさがわかります。

本書は、作家が長く暮らした家をカラーで
32ページにわたって紹介しています。
その他、

・巻頭文/佐伯一麦
・私のお父さん/今村夏子(庄野潤三 長女)
・父の思い出/庄野龍也(庄野潤三 長男)
・庄野潤三が家族を描いたスケッチ
・単行本未収録随筆(「わが文学の課題」)
・単行本未収録中編小説(「青葉の笛」)
・庄野潤三とその周辺 /岡崎武志
・「山の上」という理想郷/上坪裕介
・全著作案内/宇田智子・北條一浩・上坪裕介・島田潤一郎
・短編・随筆リスト
・山の上の親分さんとお上さん江/今村夏子(庄野潤三 長女)

などで構成されています。

弊社は2014年に『親子の時間』という、
作家の小説撰集を刊行いたしましたが、
そのあとがきにて、撰者の岡崎武志さんが

陰惨なニュースを聞くたびに、私は
「あーあ、庄野潤三を読めばいいのになあ」
と思うのだった。

と書かれていますが、まさにそう思います。
その文章の正確さ。家族にたいする愛情。
庄野潤三のような作家は、ほかにいません。
読むと、あたたかくなる本です。
書店にて、ぜひ。

なお、本書は川崎の生田にある庄野潤三の家が
一般開放されることにあわせてつくっています。
今年から、秋分の日、建国記念日の年に2日だけ、
「山の上の家」が一般開放されます。
仔細は追って、弊社ホームページにお知らせいたします。

『山の上の家』
著者:庄野潤三ほか
価格:2200円+税
版型:A5判変形上製
頁数:240頁(うち4色ページ34ページ)
ISBN 978-4-904816-28-8  C0091


取次に納品する日は7月31日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です