尾形亀之助『美しい街』

2月17日(金)、取次搬入で新刊を出します。

戦前の詩人、尾形亀之助の選詩集です。
この素晴らしい詩人をどう伝えればいいのか、
いつも迷うのですが、

 

眠らずにいても朝になったのがうれしい

消えてしまった電燈は傘ばかりになって天井からさがっている

 

街が低くくぼんで夕陽が溜っている

遠く西方に黒い富士山がある

 

というような短いを詩をいくつも残しています。

哀しみがあって、さみしさがあって、笑いがあって、
凛とした孤独がある。
何回読んでもあたらしさを感じる詩です。
読む人の孤独を支えてくれるような詩でもあります。

『美しい街』では尾形亀之助の初期から晩年まで
全作品のなかから55の詩を選んでいます。
作品の合間々々には、同じ時代に活躍した夭折の画家、
松本竣介のデッサンが入ります。

巻末には、尾形亀之助を一番好きな詩人だという
能町みね子さんの書き下ろしエッセイが収録されます。
こちらもぜひ読んでほしいです。

弊社の社是どおり、何度も読み返せる本だと思っています。
ぜひ書店店頭でご覧になってください。

『美しい街』
著者:尾形亀之助、松本竣介
デザイン :櫻井久
価格:1600円+税
版型:四六判上製変形
頁数:176頁
ISBN 978-4-904816-22-6 C0092


取次に納品する日は2月17日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です