『東京の編集者』

『東京の編集者』

 

4月21日取次搬入で『東京の編集者』
という本を刊行いたします。

著者は、木版画家の山高登さん。
山高さんは昭和53年に『昔日の客』をつくった
編集者でもあり、弊社にとっての恩人です。

山高さんは戦後間もなく、新潮社に入社され、
内田百閒、尾崎一雄、上林曉、香月泰男らの本を
担当されました。
今年91歳になった山高さんに、その美しい本作り、
作家とのエピソードについて聞き書きいたしました。
武井武雄、谷内六郎、島村利正、小沼丹らも登場します。

『東京の編集者』にはそのほかに、いくつかの書影、書票、
そして、山高さんが撮影したすばらしいモノクロ写真が
32ページにわたって収録されています。

計148ページの贅沢なバラエティブックです。
ぜひ、店頭でご覧くださいませ。


なお、この本の発刊を記念して、4月14日から
5月21日まで新宿のハイジア1Fで、
「東京を写す。東京を彫る。―昭和の編集者・山高登の世界―」
という展示が開催されます。
書籍には掲載されていない木版画作品、写真、書票が
多数展示されます。
こちらもよかったら、ぜひご覧ください。
入場無料です。

 

『東京の編集者』
著者:山高登
デザイン :櫻井久
価格:2300円+税
版型:A5判上製変形
頁数:148頁
ISBN 978-4-904816-24-0 C0095


取次に納品する日は4月21日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です