『未来の図書館のために』




2月5日に前川恒雄さんの『未来の図書館のために』を刊行いたしました。
この本は昨年4月にお亡くなりになった前川さんの遺稿集です。

前川恒雄さんは2020年の1965年に東京都の日野市において、
初代の日野市図書館長をつとめ、市民が求める本を提供する
というその1点において、日本の図書館の性格を変えました。
それは一口にいえば、市民を教育・指導する図書館から、
市民の生活のそばにあり、市民とともに成長する図書館への
大きな転換であり、いまでは当り前とされる「リクエストサービス」も
日野の図書館において、最初にはじまりました。

『未来の図書館のために』は前川さんの図書館にたいする考え方、
現在の図書館にたいする思い、そして『移動図書館ひまわり号』では
書かれなかった、その後の前川さんの歩みを綴っています。
前川さんが最後に、読者、とくに図書館に携わるひとたちに伝えたかった
ことをまとめた1冊です。
あとがきは長女の文さんが書かれています。

『未来の図書館のために』
著者:前川恒雄
デザイン :櫻井久
装丁写真:漆原宏
価格:1800円+税
版型:四六判変形、上製
頁数:176頁
ISBN 978-4-904816-35-6 C0000


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です