新刊のお知らせ

『早く家へ帰りたい』
新刊のおしらせです。
来月、4月19日に、詩人・高階杞一さんの
『早く家(うち)へ帰りたい』という詩集を刊行いたします。
これは1995年に偕成社から刊行されていた書籍の復刊です。
純粋な詩集の刊行は、弊社にとって、はじめてのことです。
この詩集のなかに永遠にきざまれた、こどもの姿に、
何度読んでも、胸がふるえるような、感動を覚えます。
詩人である父と、内蔵に障害をもった息子との4年弱の日々。
ふだん詩集などをあまり買わない読者の方に、ぜひ読んでいただきたいです。
もちろん、詩が大好きな読者の方にも。
ちなみに、「早く家へ帰りたい」というタイトルは、あのサーモン&ガーファンクルの
名曲から来ています。

『早く家(うち)へ帰りたい』
2013年4月19日発売予定
著者 高階杞一
挿画 望月通陽
装丁 櫻井 久
ISBN 978-4-904816-08-0
ハードカバー/布装/128ページ
価格 1800円+税
高階杞一(たかしなきいち)
1951年大阪生まれ。
既刊詩集に『キリンの洗濯』(あざみ書房・第40回H氏賞)、
『空への質問』(大日本図書・第4回三越左千夫少年詩賞)、
『桃の花』(砂子屋書房)、『雲の映る道』(澪標)などがある。
2013年『いつか別れの日のために』(澪標)で、第8回三好達治賞受賞。