新しい出版社の新しい仕事

新しい出版社の新しい仕事
なぜ、出版社をやろうと思ったの。
よく、人からそのように聞かれます。
私と同じように思う人は少なくないと思いますが、
出版社に勤務していたからこそ、自分が、これだ、
と思ったものを、自分の責任で、刊行したい。
これに尽きます。
しかし、それ以外にも、新しい出版社の新しい仕事に、
触発されて、という面もあります。
大手ではない出版社が、大変なクオリティで本を造り、
それをしっかりと書店に並べている。
気持ちが伝わってきます。
感動します。
たとえば、
自由が丘のミシマ社
吉祥寺のアルテスパブリッシング
千駄木の羽鳥書店
金沢の龜鳴屋
などなど。
ああ、この本はいい本だと思う時、
これを作った人もいい人なんだろうなあ、
と勝手に思っています。
ぜひ、いろいろと、お手に取って、見てみてください。
※なお、龜鳴屋さんは、オンラインのみの販売です。