小島信夫短篇集『ラヴ・レター』

『ラヴ・レター』
IMG_4498.jpg
12月13日、新刊ができあがりました。
11冊目です。
念願といってもいい、小島信夫の新しい短篇集です。
この作家に惹かれたのは、多くの人と同じく、保坂和志さんを
はじめとする、近年の「再発見」の文脈からです。
どの作家にも似ておらず、書くことの喜び、驚きにあふれ、
ときに、凄みとしか言いようがない、文章に出くわす。
そこになにが書いてあるのか、明確には言い表せないのですが、
いつ読んでも新しい。そんな作家だと思います。
この『ラヴ・レター』には、著者の最晩年にあたる、
90年代後半から2000年代に発表された短篇を、
9篇収録しています(1編のみ80年代)。
すべて、単行本未収録作品。
「厳島詣」(1996年)
「夢」(1997年)
「すべて倒れんとする者」(2003年)
「青ミドロ」(2003年)
「ラヴ・レター」(2004年)
「記憶」(2004年)
「小さな講演のあと」(2004年)
「浅き夢」(1986年)
「ある話」(2000年)
表題作「ラヴ・レター」は、妻から夫への、手紙。
文学に興味をもつ、多くの人に読んでもらいたく思っています。
堀江敏幸さんによる、巻末の文章、
「あなた、今までどこにいたの ーー 『ラヴ・レター』によせて」
も、素晴らしいです。
ぜひ、書店店頭で、ご覧になってください。
『ラヴ・レター』
著者:小島信夫
装画:O JUN
デザイン:櫻井久
判型・頁数:四六判・上製・272ページ
価格:2,310円(本体:2200円)
取次:JRC(すべての取次からの搬入が可能です)
ISBN:978-4-904816-11-0 C0093
カヴァーをとると、こんな感じです。
IMG_4502.jpg


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です