二冊目の復刊は、『昔日の客』という本です。

二冊目の復刊は、『昔日の客』という本です。
昔日の客の肖像
『昔日の客』という本を、ご存知ですか?
東京大森にあった古書店、「山王書房」の店主、
関口良雄氏がつづった、古本随筆です。
恥ずかしながら、僕は、知りませんでした。
あるブログで、紹介されたのです。
これはとてもいいから、と。
しかし、探しても、探しても、見つけることができません。
詳しい方に聞くと、1万円くらいで店に出ても、
すぐに売れてしまう本だよ、と言われました。
僕は、国立国会図書館で読みました。
今年の6月のことです。
冒頭の「正宗白鳥先生訪問記」を読んで、
すっかり感動してしまいました。
それは、こんなふうに、はじまります。
今年の二月だったか、私は正宗白鳥先生の初版本二十数冊を落札した。
最初から自分の蔵書とする積りだったので、値段の高い安いは苦にならず、
入手出来た時の喜びは例えようもなかった。私はその夜枕元に正宗先生の
本を積んで寝た。その故か一晩中先生の夢を見続けた。
古本屋と、文学を愛する、すべての人に、読んでもらいたい本です。
9月下旬~10月中旬、刊行予定です。
定価は税抜きで、2300円~2500円ほどを、予定しています。
出来得るだけ早く、出来得るだけ安く、お届けしたいと思っております。
もちろん、よい造本で!
なにとぞ、よろしくお願いいたします。
『レンブラントの帽子』をお取り扱いいただいている書店さんで
お取り扱いいただく予定です。
営業も、がんばります!


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です