上林曉傑作小説集『星を撒いた街』

上林曉傑作小説集『星を撒いた街』
6月30日に新刊を刊行いたします。
(京都・善行堂さんと神戸・海文堂書店さんでは、
 6月25日に先行発売します)
上林曉傑作小説集『星を撒いた街』
価格:2200円+税/四六判上製/240頁
ISBN 978-4-904816-03-5 C0093
著者
上林曉 (かんばやしあかつき)
一九〇二年、高知県生まれ。本名、徳廣巖城(とくひろいわき)。
東京大学英文科卒。改造社の編集者を経て、作家の道に進む。
精神を病んだ妻との日々を描いた『明月記』(一九四二)、
『聖ヨハネ病院にて』(一九四六)、脳溢血によって半身不随となった
後に発表した『白い屋形舟』(一九六三)、『ブロンズの首』(一九七三)
など、長きにわたって優れた短編小説を書き続けた。八〇年没。
撰者
山本善行 (やまもとよしゆき)
一九五六年、大阪府生まれ。関西大学文学部卒。
古書店「善行堂」店主。関西の情報誌を中心に執筆活動を続ける。
著書に『古本泣き笑い日記』(青弓社・二〇〇二)、
『関西赤貧古本道』(新潮社・二〇〇四)、
『古本のことしか頭になかった』(大散歩通信社・二〇一〇)、
岡崎武志との共著に『新・文學入門』(工作舎・二〇〇八)がある。
書物雑誌「sumus」代表。
収録作は、収録作は、「花の精」、「和日庵」、「青春自画像」、
「病める魂」、「晩春日記」、「諷詠詩人」、「星を撒いた町」の7編。
あらゆる年代から選んだ、まさに上林のオールタイム・ベストです。
だいだい色の継ぎ表紙の、大変美しい本です。
全国の書店で予約・注文できます。
山本さんのお店、善行堂
西荻の古書店、盛林堂書房でも、
予約を受け付けております。
どうぞよろしくお願いいたします。