20-ガケ書房の頃
ガケ書房の頃

山下賢二 著
三島宏之 写真
デザイン 櫻井久、中川あゆみ

2016年4月発行
ISBN978-4-904816-19-6 C0095
四六判上製 288頁
(カラー16頁)

1,800円+税

京都の、みなに愛された本屋さんの本です。 2004年、京都市左京区北白川にオープンし、2015年2月に店を閉じるまで、ずっと、ガケ書房は、 どの本屋さんにも似ていない、オリジナルな本屋さんであり続けました。そうした本屋さんは、 どういうふうにして、出来上がったのか。店主は、なにを考え、どのように試行錯誤したのか。 『ガケ書房の頃』は、その店主による、赤裸々な書店論であり、エッセイ集です。 なにも持っていなかった若者が、90年代、ゼロ年代を、ときに唐突に、ときに楽観的に、 ときに歯を食いしばりながら、駆け抜けた、時代の記録。本屋さんの青春期。 いしいしんじさん、友部正人さん、小沢健二さんなど、ガケ書房を愛した人たちも、 重要な役回りで出てきます。「ガケ書房」は、現在、同じ左京区に「ホホホ座」という名前で、 移転・改名して、営業を続けています。