『埴原一亟 古本小説集』

8月24日取次搬入で『埴原一亟 古本小説集』
という本を刊行いたします。

埴原一亟と聞いて知っている人は、よほどの
文学通だと思います。
読み方は、はにはら・いちじょう。
戦前に3度も芥川賞にノミネートされるも
いずれも受賞を逃し、古本屋や保育園を
経営しながら、ずっと小説を書き続けました。

この作家を知ったのは『昔日の客』のときと同じく、
京都の古書店「善行堂」主人、山本善行さんが
きっかけです。
「埴原はいいよ」と聞き、さっそく古本屋さんで
この作家の短編集を買い求め、そして作家の
実直な小説世界に夢中になりました。

小説は、おそらく埴原の実生活がベースになっており、
主人公は東京のはずれで小さな古本屋を営んで
その経営に四苦八苦したり、または「せどり生活」に
思い悩んだりします。

大傑作だとはいいません。
しかし、埴原一亟が描く小説世界にひたっていると、
文学はいいなあ、本はいいなあ、としみじみ思います。

日本の文学の片隅に、埴原一亟という作家がいた、
と知るだけで、きっと、なにか心に満たされるものが
あるはずです。

撰者は、山本善行さん。
ぜひ書店にてお求めください。

 

 

『埴原一亟 古本小説集』
著者:埴原一亟
デザイン :櫻井久
価格:2200円+税
版型:四六判上製
頁数:272頁
ISBN 978-4-904816-25-7  C0093


取次に納品する日は8月24日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。

善行堂 吉祥寺店

7月に開催しました「ホホホ座吉祥寺店」は
たくさんのお客さまに来ていただきました。
来てくださったみなさま、ありがとうございました。
山下さんもとても喜んでらっしゃいました。

弊社事務所が1日本屋さんになるこの企画、
好評につき、第2弾を8月27日(日)に開催いたします。

今回吉祥寺に出店くださるのは、「古書善行堂」さんです。
上林暁の『星を撒いた街』『故郷の本箱』の2冊の撰者を
つとめていただいた、山本善行さんが営む京都の古書店です。

山本さんには弊社の5周年のイベントにも出店いただいたのですが、
そのときのラインナップと価格は、古本好きを喜ばせる、すばらしいものでした。
今回も

「あのときの善行堂すごかったな」と後々まで言われるようなイベントにしたい。
いろんな好みの人に合わせるのがむずかしいが、そこは自信あります。

とおっしゃっているので、いまから待ち遠しいです。

文芸書の古本がお値打価格で並ぶと思います。
オープン時間は12時〜19時。
ぜひ遊びに来てくださいませ。
もちろん、予約など不要です。
山本さんとふたりでお待ちしております。

なお弊社へのアクセスは、吉祥寺駅から歩いてだと15分。
バスだと5分ほどです。
吉祥寺駅の北口から出ている西武バスを利用し、
「武蔵野第四小学校」でお降り下さい。
西武バスであればすべてその停留所で停車します。
吉祥寺駅から3つ目です。
停留所から1分ほど北に歩いていただければ、
道沿いに「ホホホ座吉祥寺店」を見つけることができるはずです。

汚い地図は下記のとおりです……。

ホホホ座吉祥寺店

7月23日の日曜日、11時から19時まで、
1日だけ、弊社事務所が「ホホホ座吉祥寺店」
になります。

『ガケ書房の頃』の山下賢二さんが京都で運営する
「やけに本が多いお土産屋」がホホホ座です。
京都を代表する、個性的なお店のひとつです。
ぼくにとっては、「やけに欲しい本が多いお土産屋」。
楽しい本屋さんだと思っていただいてかまいません。

この日一日だけ、弊社事務所に、ホホホ座で人気の
ある新刊書籍と、山下さんの古書がたくさん並びます。
一般的な書店ではあまり見かけないリトルプレスや、
男前な、かっこいい古本など。
お祭り気分で、ぜひ遊びに来てくださいませ。
もちろん、予約など不要です。
山下さんとふたりでお待ちしております。

なお弊社へのアクセスは、吉祥寺駅から歩いてだと15分。
バスだと5分ほどです。
吉祥寺駅の北口から出ている西武バスを利用し、
「武蔵野第四小学校」でお降り下さい。
西武バスであればすべてその停留所で停車します。
吉祥寺駅から3つ目です。
停留所から1分ほど北に歩いていただければ、
道沿いに「ホホホ座吉祥寺店」を見つけることができるはずです。

汚い地図は下記のとおりです……。

連載ページ

6月26日の月曜日から、弊社HPに「連載」のページが
あらたに加わりました。

原稿の書き手は、京都の書店「誠光社」の堀部篤史さん。
『冬の本』にも原稿を寄せてくださった、書店店主であり、
すぐれた書き手でもあります。

堀部さんとぼくとは年がひとつ違いで、ぼくは1976年、
堀部さんが1977年生まれです。
ぼくたちが学生のころはまだ、それほどインターネットは
普及しておらず、なにか新しいものを知ろうとするときは、
どこかに出かけなければなりませんでした。
本屋さんや、ライブハウスや、映画館。
または、たまり場になっているどこかのお店。

この「サイエンス・フィクションみたいな昔話」は、
そうした90年代を振り返ることによって、いまの時代と
つながっている何かを浮き彫りにする試みです。

堀部さんに連載を依頼し、ようやく形にすることができました。
挿画はマメイケダさん。
1年間、続きます。

毎月第4月曜日に更新いたします。
お読みいただけたらうれしいです。

『すべての雑貨』

4月21日取次搬入で『すべての雑貨』
という本を刊行いたします。

著者は、西荻窪の雑貨店「FALL」の店主、
三品輝起さんです。
この本がデビュー作となります。

三品さんの素晴らしさをどう説明すればいいのか、
いつも迷うのですが、まず、FALLという店が
素晴らしいのです。

しかし、この本は雑貨の良さを語る本ではありません。
21世紀に入って爆発的に増えた雑貨屋、
さらにいえば、雑貨とはなにか? を一から考えた本です。

「世界がじわじわと雑貨化している気がする。
これは豊かになって物の種類が増えたから、ってだけじゃない。
それまでは雑貨とみなされてなかった物が、
つぎつぎと雑貨に鞍がえしているせいなのだ。」

昨今、本もまた雑貨のように扱われるときがあります。
本だけではありません。レコードも、美術も、実用品も、
なにもかもが雑貨のように扱われる。
というか、雑貨のように見える。
雑貨化した社会。

原宿にあった文化屋雑貨店、デンマークのレゴ、ムーミン、クンデラ、
ガルシア=マルケスらを引用しながら雑貨の来し方・行く末を考える
縦横無尽の論考は新鮮で、読んでいると知恵熱が出ます。
雑貨を考えると現代が見えてくる。
そう云っても過言ではありません。

文章もすばらしいです。
雑貨屋さんをやりたいという人、雑貨が好きな人、
現代の消費文化を考えたい人、おもしろい本が読みたい人、
とにかく、いろんな人にお勧めしたいです。
書店店頭にて、ぜひ。

 

『すべての雑貨』
著者:三品輝起
デザイン :櫻井久、
価格:2000円+税
版型:四六判上製変形
頁数:288頁
ISBN 978-4-904816-23-3 C0036


取次に納品する日は4月21日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。

 

 

『東京の編集者』

『東京の編集者』

 

4月21日取次搬入で『東京の編集者』
という本を刊行いたします。

著者は、木版画家の山高登さん。
山高さんは昭和53年に『昔日の客』をつくった
編集者でもあり、弊社にとっての恩人です。

山高さんは戦後間もなく、新潮社に入社され、
内田百閒、尾崎一雄、上林曉、香月泰男らの本を
担当されました。
今年91歳になった山高さんに、その美しい本作り、
作家とのエピソードについて聞き書きいたしました。
武井武雄、谷内六郎、島村利正、小沼丹らも登場します。

『東京の編集者』にはそのほかに、いくつかの書影、書票、
そして、山高さんが撮影したすばらしいモノクロ写真が
32ページにわたって収録されています。

計148ページの贅沢なバラエティブックです。
ぜひ、店頭でご覧くださいませ。


なお、この本の発刊を記念して、4月14日から
5月21日まで新宿のハイジア1Fで、
「東京を写す。東京を彫る。―昭和の編集者・山高登の世界―」
という展示が開催されます。
書籍には掲載されていない木版画作品、写真、書票が
多数展示されます。
こちらもよかったら、ぜひご覧ください。
入場無料です。

 

『東京の編集者』
著者:山高登
デザイン :櫻井久
価格:2300円+税
版型:A5判上製変形
頁数:148頁
ISBN 978-4-904816-24-0 C0095


取次に納品する日は4月21日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。

尾形亀之助『美しい街』

2月17日(金)、取次搬入で新刊を出します。

戦前の詩人、尾形亀之助の選詩集です。
この素晴らしい詩人をどう伝えればいいのか、
いつも迷うのですが、

 

眠らずにいても朝になったのがうれしい

消えてしまった電燈は傘ばかりになって天井からさがっている

 

街が低くくぼんで夕陽が溜っている

遠く西方に黒い富士山がある

 

というような短いを詩をいくつも残しています。

哀しみがあって、さみしさがあって、笑いがあって、
凛とした孤独がある。
何回読んでもあたらしさを感じる詩です。
読む人の孤独を支えてくれるような詩でもあります。

『美しい街』では尾形亀之助の初期から晩年まで
全作品のなかから55の詩を選んでいます。
作品の合間々々には、同じ時代に活躍した夭折の画家、
松本竣介のデッサンが入ります。

巻末には、尾形亀之助を一番好きな詩人だという
能町みね子さんの書き下ろしエッセイが収録されます。
こちらもぜひ読んでほしいです。

弊社の社是どおり、何度も読み返せる本だと思っています。
ぜひ書店店頭でご覧になってください。

『美しい街』
著者:尾形亀之助、松本竣介
デザイン :櫻井久
価格:1600円+税
版型:四六判上製変形
頁数:176頁
ISBN 978-4-904816-22-6 C0092


取次に納品する日は2月17日ですが、
その日に一斉に書店店頭に並ぶという
わけではありません。流通の関係で、
書店での発売日はマチマチです。
取次納品日から1週間〜2週間かかる
場合もございます。
ご注意ください。

得地直美『神保町』展

2017年の1月5日(木)から15日(日)まで

京都のレティシア書房さんで、『神保町』展が開かれます。

得地さんの生の線をぜひ見にいらしてください。

心があたたまります。

レティシア書房さんも素敵なお店です。

『移動図書館ひまわり号』について

文字どおり四七の都道府県を取材してまわったのは、二〇一三年のことだ。北海道の稚内から沖縄県の石垣島まで旅してまわり、その都道府県にある町の本屋さんを訪ねた。

町の本屋さんはいま、とても苦しい状況にある。人口の減少、町の空洞化、スマートフォンという外来種。いろんな原因が複合的に重なりあって、町の本屋さんの売上は下がり続けている。

東京で電車に乗っていても、みなスマートフォンの画面を真剣に見つめ、指でなにやらいじくっている。ぼくだって、ときどき、そうなのだ。ツイッターを眺め、ニュースをチェックし、家族や友人たちにメールを送る。あっという間に、三〇分も経っている。本を読む時間が、どんどん減っている。

スマートフォンに表示される言葉と、本に載っている言葉は、ずいぶんと違うように感じる。本に載っているような言葉がスマートフォンに表示される場合もあるし、スマートフォンに表示されている言葉が本になっていることもあるけれど、はたしてこの二つの言葉の出自は同じなのだろうか、と懐疑的になることのほうが多い。

スマートフォンの言葉は軽い。なぜ軽いのか。それはいつでも発言できるし、削除できるし、つまり書き換え可能な言葉だからだ。すぐに弁明できる言葉だからだ。友人たちとの間でだけ流通する言葉だからだ。匿名だからだ。

それだけではない。サイトへのアクセスを増やすことがそのまま利益につながるような人たちが、著作権を無視して、あることないことをホームページやブログに書いたり、だれかの文章をそのままコピー&ペーストをしたりしている。彼らの目的は、アクセスを増やすことであるから、その内容はどんどん過激になる。暴言。暴露。裸体。死体。近年イスラム国が影響力を爆発的に高めたのは、彼らがインターネット上のマーケティングに長けていたからだ。

これらの言葉にたいして、本の言葉は、いかにも重い。ニュース性も、即効性もない。長い時間をかけてひとりの作家が書いたものに、編集者が意見をする。作家は書き直す。校正者が校正をする。彼らは何度も何度もゲラをやりとりし、確認し、デザイナーがデザインをして、ようやく印刷所に入稿する。それから二~四週間で本ができる。企画構想から一〇年などというのは、決して珍しい話ではない。

そうしてできあがった本は、なにかを伝えるけれども、その大切ななにかは、優れたものであればあるほど、一言では言い表せない場合が多い。「いいんだよ」「とにかく読んで」「君の意見が聞きたい」。そうして幸運なことに、勧めた相手もその本を手にとってくれて、そして読み終わって、「よかったよ」といってくれても、うまく返事をすることもできずに、「やっぱり、そうだろ」と返すことしかできない(すくなくとも、ぼくの場合)。

本を読むということは、基本的に、一対一の時間を過ごすということだ。雑念を払い、ゆっくりページをめくりながら、作家の物語・主張・論考に耳を澄ます。こうした時間が、言葉をとおして、「私」を育てる。一〇〇冊読んで足るというものではない。多様性とはそんなに甘いものではない。本という媒体をとおして考え続けることが、よりよい理想に近づくためのひとつの方法だと思う。

実をいうと、ぼくは絶望しかけていたのだ。全国の本屋さんの話を聞いて、本はもっともっと読まれなくなるし、本屋さんはもっともっと減っていくし、重たい言葉はインターネットの軽い言説に駆逐され、「効率的」「合理的」という物差しのもとに不要とされる。そんな未来が来ることを予想していたのだ。

そんなときに出会ったのが、『移動図書館ひまわり号』だった。一九六五年以前の暗い図書館の話は、いまの社会がたどり着く場所のように思えた。その暗い図書館が、五〇年前に、人々の情熱と知性と実践によって劇的に変わっていくさまは、ぼくの大きな希望になった。

『移動図書館ひまわり号』が絶版になっていると知ったときには、いつか復刊したいと決めていた。ぼくは『移動図書館ひまわり号』を読んで感動するだろう人たちと、前川先生たちが未来を切り拓いていったように、なにかをやりたいと思うのである。

『神保町』のちょっとしたニュース

 

東京堂書店さまでの11月8日調べ
「週間ベストセラー」で2位になりました。
その翌週は6位でした。
ありがとうございます!
書評家の岡崎武志さんが『神保町』のことを
ブログで、こう評してくださっています。
「多くは道の対岸から引いた目で、神保町の古書店を中心とした建物群、
街角などをスケッチしている。大胆な線で、大きく対象を捕らえ、しかし
全体から受ける印象は繊細である。いつも見慣れている神保町だが、
こうしてつくづくと眺めることはないだけに、建物との出会いが大変新鮮である。
これはやっぱり写真とは違う、一人の絵描きが、目と腕を連動させて、手先から生み出す、
もう一つの世界なのだ。画集なのに、詩集を読んでいる気にもなる。」
http://d.hatena.ne.jp/okatake/20161110
最高にうれしいです。
みなさまもぜひ『神保町』を、部屋で、カフェで、電車のなかで楽しんでください。